年金保険の選ぶポイント

年金保険の選び方

不安な時期を考えて選ぶ

老後の生活を安心して充実したものにしたいと言っても、とりあえずで貯蓄をしたり、個人年金保険に加入しても意味がありません。自分や、その配偶者などのライフスタイルを考えていったときに、収入が不安定になってくる時期や、不安であるような時期を考えて、しっかりとした対策をする必要があります。

その計画を作っていくために、家庭全体が稼ぎ出す収入がどういったような変化をするか、そして公的年金がどれくらいの年齢になったときに、どれくらい支給してもらえるかといったことを計算しておきましょう。

また、個人年金保険の受け取り方としては、一定の金額をずっと支給してもらうタイプの定額型と、徐々に支給される金額が増加していく逓増(ていぞう)型というもの、そして一定期間だけ支給される金額を多くすることができる前厚型という三つがあります。最近では、皆さんもご存知の通り、段階的に公的年金の支給開始年齢は引き上げられているのです。

昔であれば六十歳には支給されていましたが徐々に引き上げられていて、最終的には七十歳からでないと支給されないということになってしまうそうです。ですから、六十歳から、六十五歳までのような、公的年金を受け取ることが出来ない年齢の生活費の不足分を、補っていくのが目的であれば前厚型を選ぶようにしましょう。

それとは逆に、六十歳になっても、まだまだ仕事をしていきたい場合で、年金が必要なのは七十歳以降という場合であれば、年金の支給される金額がだんだんと増えていくタイプである、逓増(ていぞう)型を選びましょう。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved