年金保険の選ぶポイント

年金の基礎知識

世代間格差で損をする

ここでは、公的年金の格差を数字で紐解いていきたいと思います。現役世代からすると、将来自分たちが受取ることができる年金が、どれくらいかということが分からなければ、不安が残ってしまいます。

そこで、以下に夫が厚生年金を支払っていて、妻が専業主婦であるというモデルケースで、それぞれが平均寿命まで生存した場合の、それまでに支払う年金保険料と、支給される年金額との関係をまとめてみました。ここでは、現在の年齢が七十歳の方と現在の年齢が三十歳の方をそれぞれ比べてみます。

何十歳の方は、年金保険料の負担額が合計で、六百七十万円に対して、年金給付額の合計が五千五百万円です。それに対して、三十歳の方は年金保険料の負担額は二千八百万円にもなり、受け取り合計額は六千七百万円となってしいまいます。三十歳の方は負担額は四倍ですが、受取額はそこまで変わらないということになります。

このような数字をみてしまうと、現役世代からするとどうしても不満や愚痴が出てきそうな結果になってしまいましたが、現在の日本という国を、経済発展させて、しっかりと育ててくれた年金受給世代を、今の現役世代が年金という形によって支えるといったような、広い視点で年金制度を見なくてはいけません。

ですが、このようなデータを見る限り、これからの現役世代としては、公的年金だけで乗り切ることができるような老後は、ないと思った方がいいでしょう。ですから、公的年金に頼らない個人の年金保険で自分たちが老後に備える方が非常に多くなってきているのです。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved