年金保険の選ぶポイント

年金の基礎知識

公的年金と個人年金保険

年金の加入記録漏れであったり、納付の記録漏れのような不祥事、そして財政の悪化といった状況から、公的年金に対しては大丈夫なのかと思う方も多いでしょう。

最近であれば、保険会社から個人に対しての年金保険として、いろいろな商品が販売されています。ですから、そちらにさえ加入しておけば公的年金はいらないのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが、公的年金に加入することというのは、国民の義務でもありますし、公的年金には多くのメリットがあるのです。 どうしても不安や、不満の多い公的年金ではありますが、日本という国が運営していますから、保険会社などの扱う個人年金では有り得ないようなメリットがあるのです。

しかしながら、実際に受け取れる金額だけでは、老後の生活はとても不安です。ですから公的年金だけをあてにするのではなく、しっかりと自分自身でも考えて将来に対策をしていくことも必要なのです。最近では、生命保険会社が扱うものや、郵便局が販売する個人年金保険が注目されています。

種類であったり、メリットやデメリットもそれぞれで違います。ですので、自分たちが置かれている状況によって、内容を組み変えることができるのが一番のメリットでしょう。月々の支払額(積立額)も一定額の間であれば、自由に決めることもできます。公的年金というものは、最低限の生活を助けるためのものですから、それだけでは不安な方であれば、個人年金をもうひとつの手段として捉えてみるのが、とてもオススメな方法になります。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved