年金保険の選ぶポイント

年金の基礎知識

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

想定していたよりも、実際の年金の受取額は低かったということは、よく聞かれます。公的年金の受取額はその加入期間や、期間中の平均給料を計算すれば、簡単に算出できるのです。

ですから、最近では公的な年金制度が大丈夫なのかという不安から、退職する前に受取額がどれくらいかを計算したり、もしくは年金制度に対して疑いをもち、どれくらい受け取れるかを自分で計算するというように、自分自身でチェックするということが多いようです。

しかし、計算式であったり、加入期間、そして平均給料をチェックしても、実際に受け取ることができる年金保険料が予想より低いのはなぜでしょうか。それには、三つの理由があるのです。

まず、一つ目は仕事をしている場合です。実を言うと公的年金には、在職老齢年金制度と呼ばれるものがあって、年金を受取る年齢になっても仕事をしている方であれば、本来であれば受取るはずである年金を受け取れないということがあるのです。

二つ目の理由としては、定額部分の受け取りができる時期が違っている場合です。厚生年金から、受け取ることになる老齢厚生年金ですが、実は生年月日のタイミングから、支給開始時期というのがずれることがあるのです。ですから、受取るはずの年金額が、そのタイミングの違いで一部分しか受け取れないタイミングがあるのです。 そして、三つ目として、厚生年金基金の受け取りの請求漏れがあります。最近でも、この厚生年金基金の請求漏れということが非常に多くなっていますから、しっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved