年金保険の選ぶポイント

年金保険の今後

他の方法で老後資金

老後の生活費を蓄えるために、個人年金保険の他にどういった方法があるのでしょうか。万が一なにかあったときの保証が必要だとか、多少のリスクがあるとしても、将来のために運用したいという場合、もしくは貯蓄をしっかりと効率よくすることが目的であれば、オススメなのは積立タイプの保険になります。

ほかには、終身保険があり、本来であれば遺族保障に充てるのが目的の保険ではありますが、有期払い込み終身保険というものを選択しておけば、保険料の支払い期間が終わったら、そのまま死亡保障にしておくこともできますが、そこで解約して返戻金を得ることもできますし、それを個人年金にしてしまうことも可能と、老後の生活費作りに役立ちます。

支払い期間が終わってから、終身保険の場合においては満期保険金はもらえませんが、養老保険というものでは受け取れるのです。この養老保険は簡単に言ってしまえば、生死に関わらず、同額の保険金を受け取ることができるタイプの保険になります。

この満期保険金を使うことによって、老後資金を賄うことも可能になります。

たとえば、老後はできれば静かな海外へ移住したい、もしくは趣味の店をゆっくりとのんびり開きたいといった夢を持っていて、年金のようにして少しずつ支給してもらうのではなく、千万円や二千万円といったように、一括で大きな金額を持っておきたいという場合であれば、終身保険であったり、養老保険という保険もあることを頭に入れて個人年金保険との比較をしてどれにするか決めるようにしましょう。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved