年金保険の選ぶポイント

年金保険の今後

終身型のメリットデメリット

個人年金保険に加入することのメリットというと、受け取り期間が終身型であっても、確定型であったりしても、毎月一定金額をしっかりと支払い積み立てていきますから、これで貯蓄が苦手という方であっても、貯蓄をしていくいことができるようなものです。

しかし、年金原資として蓄えていくのであれば、タンス貯金をすることによっても可能ではあるのですが、個人年金保険である場合は、その保険料を運用した実績次第では、配当金を受け取れますから、トータルではプラスになるのです。

あとは、ほとんどの方が六十歳で定年退職した瞬間から、公的年金を受け取ることができる六十五歳になるまで、丸々五年という長い期間は、完全に収入がなくなってしまいますが、六十歳から支給してもらえるタイプのものであれば、そこも安心できます。

しかし、終身型のデメリットは、やはりその分個人年金保険支払い料はどうしても割高にになってしまうということです。終身型であれば、契約者が生存していれば、ずっと年金を受け取れるのですから、保険料は当然高くなるのです。確かに、年金の支給を生きている間、ずっと支払ってもらえるということは、とても魅力的にうつるのですが、少し不謹慎な表現かもしれませんが、長生きをしなければ損をしてしまうようなものなのです。

ですので、これは長生きをしているような家系であれば、非常に大きなメリットにもなるということです。やはり、年金保険というものはそれぞれの状況に合わせたものを選ぶことが大切ということなのです。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved