年金保険の選ぶポイント

年金保険の今後

なぜ今、個人年金保険なのか

公的年金では少子高齢化であったり、長引く不況といっことや、いろいろな問題がありますが、社会保険料控除をしてもらえたり、またはインフレに対応することが可能であったり、国が運営するということで、個人年金では出せないようなメリットもあるのです。

しかし、公的年金が私たち国民に保障する内容というのは、最低限度の生活をしていくためのお金ということです。しかし、百年に一度と言われるような大不況の現在において、老後に対して貯蓄が十分というレベルでできているのは、そこまで多くないのではないでしょうか。ほとんどの方が、老後の生活に対して不安があると思います。だからこそ、自分の身を自分で守るために個人年金保険が注目されているのです。

貯蓄はそこまでできないし、公的年金も支給額が多くはない。しかし、生活水準は老後になっても落としたくはない。そして、公的年金で賄えない分は、自分でカバーしたいという方からすると、個人年金保険というのはメリットが非常に多いものになるのではないでしょうか。

いまの現役世代というのは、公的年金の保険料をしっかりと支払った場合であっても、受け取るときには少なくなってしまうのです。このように、受給金額が減ることは多くの方が知っていますから、老後を普通の生活水準で暮らしたいという方が、個人年金保険に加入し始めているのです。

これによって保険会社も競争が激化していますから、さまざまなサービスや商品が次々に生まれていて、加入する側とすると非常にうれしいことですね。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved