年金保険の選ぶポイント

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険に支払う保険料というのは、その中の一部が、その人への保険金支払いに使うための財源として、しっかりと積み立ててあり、保険会社はそのお金を運用しているのです。

保険会社はその運用による一定利益を先に考えておいて、それだけの保険料を最初から割引くということを行っています。このときに、どれくらい割引くかということが、予定利率というものです。この予定利率が高くなれば高くなるほどに、支払う保険料は安くなっていきますから、それは契約者からすると嬉しい限りりです。

では金利が上昇すると、個人年金保険の予定利率は同じように上昇するのでしょうか。答えは、金利が上昇しても、個人年金保険の予定利率は上昇しないのです。よく混同してしまうのですが、予定利率というものは、契約したタイミングでの利率から変動しません。

もちろん、変動利率型のものであれば話は変わります。平成初期のころの日本の予定利率は5.5%といったときでしたから、このタイミングに契約している方は、現在の利率がどうなっても、利率はそのままなのです。いいタイミングですね。

だったら、予定利率が低いタイミングで契約してしまったら、それだけで損なのかと言うとそうでもありません。その後になって、利率が上昇した場合には、多くの保険会社の提供する個人年金では、だいたい五年ごとに、運用での利差を配当するようになっているのです。つまり予定利率は変更しないのですが、運用によって利益が出た場合には、配当を還元するというものになっているのです。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved