年金保険の選ぶポイント

Q&A

個人年金は絶対に受け取れるのか

個人年金保険で気になるのは、保険会社が潰れた場合には、保険はどうなるのかです。これは、一九九六年に新保険業法という法律が施行されました。そして、1990年代に保険会社が次々に経営破綻しましたから、この破綻から契約者を守るために、保険契約者保護機構という機構ができました。

この保険契約者保護機構というものは、もしも保険会社が破綻してしまった場合には、その破綻してしまった保険会社が交わしていた契約を、引き継ぐというものなのです。そして、そのときに破綻した保険会社を救済しようと名乗りをあげる会社がいる場合には、その会社に対して資金援助をするというものです。

保険会社が破綻した場合であっても、補償されるとは言っても、どれくらいの補償をしてもらえるのでしょうか。その補償は、契約していた保険が破綻した時に、その会社の責任準備金の最大で九割までとなっています。

この責任準備金というのは、保険会社が保険契約者に対して保険金であったり、年金、そして給付金といったものを支払うために、少しずつ貯めている金銭なのです。保険の契約者が支払っている保険料というのは、その中から保険金や、年金の支払いに充てられます。

そして、それ以外の残りを責任準備金という名目において積み立てていくのです。ですから、ほとんどの場合において、責任準備金として用意されている金額は、支払った保険料と比べてみると、どうしても少なくなってしまいます。しかしこれらは再保険以外であれば、すべての保険契約をターゲットにする幅広い保証です。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved