年金保険の選ぶポイント

Q&A

50歳を超えてから入っても良いのか

これは、商品の種類でも変わってきますし、保険会社の提供する個人年金保険の種類によっては、加入するには年齢制限を設けている場合もあります。少し考え方を変えて見てみると、所得控除、社会保険料控除といったようなメリットが大きい、確定拠出型年金も選択肢の一つとして考えてもいいかもしれません。

この確定拠出年金というものは、年金保険に加入した方が、その金額を運用していきますから、その後受け取ることになる年金額は、自分の運用実績によって変わるという年金の形です。これには大きく分けて種類はニつあります。

まず、企業が拠出しているタイプの企業型というもの、そして個人で拠出するタイプの個人型が存在しています。企業型の確定拠出年金はお勤めの企業が取り組んでいなければ加入は不可能なのですが、個人型のものであれば公務員と専業主婦でなければ、加入することができます。

この個人型確定拠出年金のポイントとしては、原則六十歳になったら年金が支給される。そして、税制上で非常に優遇される。そして、掛け金は上限内であれば自由に自分で選択できるということです。しかし、個人型確定拠出年金というものにも、投資によるリスクは存在しています。

支給される年金額は自分の運用実績によって変動しますから、一定の投資知識がなければ損をしてしまうでしょう。しかし、一般の個人年金保険のに加入する場合であっても、五十歳から加入する場合であれば保険料も高くなってしまいますから、しっかりと選ぶ必要はありますね。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved