年金保険の選ぶポイント

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

老後にどれくらいの生活費が必要なのかを知る前に、まずは自分とその配偶者が、老後をどういった過ごし方をするか考えましょう。そこで、必要となる費用も違ってくるのです。老後にどのような生活をするか、イメージしたら必要となってくる金額もイメージできます。では、実際に年金支給者の生活費はいくらぐらいなのでしょう。

総務省がだしているデータに、家計調査があります。これを見てみると、高齢者世帯が一ヶ月の生活に必要になってくる生活費は、平均すると二十七万円になるそうです。また、生活費にプラスして、旅行などのゆとりある老後をしたい場合であれば、生活費と合わせて、一ヶ月に約三十八万円も必要になるそうです。

その金額のうち、公的年金によって、どれくらいをカバーできるのでしょうか。生命保険文化センターが出しているデータによると、国民年金の支給される金額の、年額最高としては、七十九万二千百円になります。

そして、厚生年金の支給額は、基礎年金と合わせて年額百五十万円から、二百五十万円の方が多いようです。そして共済年金の支給額としては、基礎年金と合わせて、年額百六十万円から二百七十万円という方が多いようです。

これらは現在の支給額なのですが、すでに老後の生活費を厚生年金や、共済年金などだけでカバーすることは出来ないようです。ですから、支給される公的年金を計算していき、そのなかから生活費などの金額の引いて、それ以外でどれくらいの金額を用意するべきかを計算しましょう。その残りを個人年金保険でカバーすればいいのです。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved