年金保険の選ぶポイント

個人年金保険とは

財形と個人年金保険

老後の生活費をカバーしていくために、年金財形という方法と、個人年金保険という方法がありますが、それぞれのメリットと、デメリットがどんなものか比較してみましょう。 まず、財形年金のメリットです。給料天引きによって支払いますから、貯蓄は確実に可能です。

しかも、支払った保険料の中で、最大三百八十五万円までは課税されません。ほとんどの場合、途中解約した場合であっても元本割れを起こしません。では、デメリットですが、加入資格があるということです。そして、積立期間が最低でも五年はしなければならないと、決まっている。

そして、個人年金保険のメリットですが、最近は商品も様々なものが販売されていますので、自分にピッタリ合ったものを選んで保険に加入することも可能です(積立期間であったり、積立開始年齢まで選択できるものまであります)。そして、個人年金保険料控除というものがあり、税金面でのメリットがある。

控除の金額は、一年間に支払った金額から算出されて決まり、最高で五万円までの所得税、そして三万五千円までの住民税になります。そして、デメリットですが、支給された年金は全て、雑所得ということになって、課税の対象になる。もちろん、一定額は必要経費になりますからそこから控除を受けて、全額が課税の対象にはなりません。

途中解約をしてしまうと、それまでに長期間の積立がなかった場合には、元本割れになってしまうことが非常に多くなります。運用型(変動型)の保険であれば、満期まで支払ったとしても元本割れすることがあります。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved