年金保険の選ぶポイント

個人年金保険とは

メリット・デメリットを知る

個人年金保険に加入することによるメリットですが、やはり老後の生活費を確保できるということが一番でしょう。前述した通り、公的年金だけの金額ではどうしても、将来的な生活費は不安になってしまいます。

他にも、終身に渡り、支給を受けることが出来ます。そして、そのまま遺族へ相続することまで可能なのです。被保険者が生きていれば、年金を受け取ることができますし、確定年金保険というタイプや、保障期間付きであれば、一定期間は契約者の生死に関わらずに年金が支給されることもあります。

ですので、一定の期間(たとえば十年間など)の間に、被保険者や契約者が死亡した場合であっても、遺族が年金を代わりに受け取ることが可能になるのです。

そして、次に個人年金保険に加入することのデメリットですが、まずは受取れる年金額がわかりにくいということです。定額のものや、最低保証があればいいですが、変額年金の場合であれば、支給される金額が変動しますから、将来受取ることのできる年金額はわかりません。また、為替ヘッジが効かないタイプのものであれば、為替リスクも考えなければなりません。

定額年金の場合であれば、契約時に受け取ることのできる年金額は確定しますから、ライフプランを立てることが可能なのですが、市場金利の上昇や、インフレといったことがあれば、それらがリスクになってしまいます。また、毎月分割で支払うことができる保険会社も存在しているのですが、特に変額年金の場合においては、高額の保険料を契約するときに用意しなければなりません。

スポンサードリンク

年金の基礎知識

配偶者

年金の多さ

世代間格差で損をする

公的年金と個人年金保険

公的年金とは 公的年金とは

給料が安い人が得をする

モデル金額よりも実際は少ない公的保険

個人年金保険とは

個人年金保険とは

老後資金のシミュレーション

変額年金と定額年金とは

投資と個人年金保険

財形と個人年金保険

個人年金保険は贈与できる

個人年金保険の選び方で気をつけておきたいこと

メリット・デメリットを知る

アンケートから見る年金保険を選ぶ理由

年金保険の選び方

保険料の支払い方法を選ぶ

不安な時期を考えて選ぶ

受取続ける期間から選ぶ

受取金額を固定・変動から選ぶ

個人年金保険のおすすめポイント

年金保険の今後

注目の個人年金保険

他の方法で老後資金

終身型のメリットデメリット

なぜ今、個人年金保険なのか

Q&A

利率はどうなるか

個人年金保険控除とは

個人年金は絶対に受け取れるのか

元本割れはしないのか

50歳を超えてから入っても良いのか

Copyright (C) 年金保険の選ぶポイント All Rights Reserved